マンション経営をスムーズに|マンション管理会社に頼って安心

女性と積み木

忘れずに行うべきこと

案内

リフォームはすべきか

不動産購入は、人生の中で最も高価な買い物です。そのため、不動産を売る場合には、人生の中で最も高価なものを売ることになります。その後の資金計画だけではなく人生計画をも左右する売却となるため、慎重に売却を進めることが重要です。マンション売却をする際には、2つのことに注意をする必要があります。1つ目の注意点が、リフォームをするべきかどうか慎重に判断することです。中古マンションを購入する方の多くが、すぐにでも住めるほどの新しい室内を求めています。そのため、マンション売却の際には、リフォームをすることを不動産仲介業者は勧めてきます。しかし、中古マンションを購入する方の中には、自分でリフォームやリノベーションをしたいと希望している方もいらっしゃいます。そのような方々は、リフォーム済みの中古マンションは購入しません。費用をかけてリフォームをしたにも関わらず売れない事態になる可能性があるため、リフォームをするかどうかは慎重に決めるようにしましょう。

複数の査定依頼をしよう

マンション売却の際の2つ目の注意点が、より高く売るために複数の不動産会社に査定をしてもらうことです。複数の不動産会社に査定依頼をすることで、自宅の相場を知ることができます。自宅の相場を知ることは、買主と価格交渉をする際に有利に働きます。また、相場より安い価格で売却する可能性を下げるため、後で後悔することがなくなります。また、複数の不動産会社に査定依頼をすることは、スムーズにマンション売却を進めるために重要です。不動産会社と一言で言っても、不動産会社によって得意分野と不得意分野は異なります。査定額の説明を受ける過程で、その不動産会社の得意不得意が分かるため、自宅に適した不動産会社に仲介を依頼することが可能になります。マンション売却の際には、リフォームをすべきか慎重に判断することと、複数の不動産会社に査定を依頼することを忘れないようにしましょう。